【2022年春のスギヒノキ花粉飛散予測】

2022年春の東京におけるスギヒノキ花粉の飛散量は 5747 個/cm2 (2021年は 3633 個)と昨年よりも多いと予測されています。

飛散開始は2月中旬とされています。毎年お薬でなんとか過ごせる方には花粉症の初期治療をお勧めします。

症状が軽い人におすすめの薬

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
アレルギー性鼻炎用薬 日本薬局方 フェキソフェナジン塩酸塩錠 花粉、ハウスダストなどによる鼻みず、鼻づまり、くしゃみに 近年、花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎の方が増えています。 電車の中や仕事中など鼻みずやくしゃみがとまらないのはつらいものです。 アレルビは、1回1錠、1日2回の服用で鼻のアレルギー症状に...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました