血管収縮剤なしの点鼻薬

花粉症の薬

鼻スプレーは鼻づまりに非常に効果があります。内服のステロイド剤は副作用に注意して使う必要があるのに対して、ステロイドの点鼻薬は身体への吸収がほとんどなく副作用が出にくく眠気も出ません。でも、たくさんの商品がありすぎてどれを選んだら良いかわからない人も多いと思います。

血管収縮剤について

鼻粘膜の毛細血管を瞬時に収縮させる効果で鼻づまりを改善させます。鼻づまりが劇的に解消されるのでクセになってしまい常用する人が多く、長期間(2週間以上)の使用でさらに鼻づまりが悪化するという副作用があります。

処方でも酷い鼻づまりに対して1、2週間だけ、限定的に使うことになっています。

でも、市販の点鼻薬では血管収縮剤が入っているものが多く売れています。知らず知らず買ってしまうこともあるのではないでしょうか。常用すると鼻の粘膜の腫れが酷くなり薬剤性鼻炎になってしまいます。同じ商品名でも血管収縮剤入りの物があるので注意が必要です。

主な血管収縮剤

塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリン、オキシメタゾリン

ナザールスプレーはどれを選んだらよい?

上段3つはナファゾリン塩酸塩という血管収縮剤が入っています。おすすめは下段2つのナザールaARです。医療用と同量の『ベクロメタゾンプロピオン酸エステル』配合のスイッチOTC医薬品です。

エージーアレルカットはどれを選んだらよい?

こちらも上段3つはナファゾリン塩酸塩という血管収縮剤が入っています。おすすめはAGアレルカットEXcです。ナザールと同量の『ベクロメタゾンプロピオン酸エステル』配合のスイッチOTC医薬品です。

パブロン鼻炎スプレーはどれを選んだらよい?

パブロン点鼻はナファゾリン塩酸塩、パブロン点鼻EXは塩酸テトラヒドロゾリンという血管収縮剤が入っています。おすすめのパブロン鼻炎アタックJLは『ベクロメタゾンプロピオン酸エステル』配合のスイッチOTC医薬品です。

『ベクロメタゾンプロピオン酸エステル』の点鼻薬メーカー比較

おすすめの商品はどれも『ベクロメタゾンプロピオン酸エステル』配合、添加物もほぼ同じ(スッとする成分が入っているかの違い)で効き目は同じかと思います。

個人的にはエタノール(アルコール)が入っていない物がおすすめ!

使用方法は鼻づまりが強いときに1回使っても全く効果を感じません。3~5日間続けて使用すると効果があります。

商品名成分医療用医薬品名

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 713oxAuUYDL._AC_SL1500_.jpg
ナザールaAR0.1%
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.1g

添加物:セルロース、カルメロースNa、プロピレングリコール、グリセリン、ポリソルベート80、ベンザルコニウム塩化物、クエン酸、香料l -メントール)


リノコート
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img_gaiyoc.jpg
ナザールaAR0.1%C(クール)
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.1g

添加物:セルロース、カルメロースNa、プロピレングリコール、グリセリン、ポリソルベート80、ベンザルコニウム塩化物、クエン酸、香料( アルコール、l -メントール)
リノコート
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9185eWgw5aL._AC_SL1500_-545x1024.jpg
エージーアレルカットEXc
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.1g

添加物:カルボキシビニルポリマー、L-アルギニン、エタノール、等張化剤、ベンザルコニウム塩化物、エデト酸Na、ハッカ油、l-メントール、ポリソルベート80、pH調節剤
リノコート
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 71dQ6r8hAVL._AC_SL1078_-917x1024.jpg
パブロン鼻炎アタックJL
ベクロメタゾンプロピオン酸エステル 0.1g

添加物:ベンザルコニウム塩化物、ポリソルベート80、セルロース、カルメロースNa、グリセリン、プロピレングリコール、クエン酸Na、クエン酸、ジェランガム、l-メントール
リノコート
※3か月を超えて使用しないでください。
Amazon クーポン 医薬品・指定医薬部外品 @ Amazon.co.jp
Amazon.co.jpでAmazon クーポン 医薬品・指定医薬部外品のオンラインショッピング
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました